Lシステインが大活躍☆定番の二日酔い対策の薬『ハイチオールC』

「二日酔いに効く薬って何よ!?」って聞かれたら、

迷わず「ハイチオールC!!」と答えるでしょう♪

知っている人は知っている定番の二日酔い対策の薬です。

確かエスエス製薬から最初に発売されたのは1970年代だったかと思いますが、当時から効果効能に「二日酔い」と記載されていました。

というか最初は二日酔いと疲れ対策の薬として売られていたようですね。
今では「しみ・そばかす」が前面に出ていますが、それはまぁ時代の流れでしょう。成分的には変化していないようですから。

ハイチオールCの主成分はLシステインです。

このLシステインには肝臓の解毒作用を助けてくれる作用があります!
飲み過ぎてしまった後に発生してしまうアセトアルデヒドを処理してくれる酵素の働きを活性化させてくれるんですね☆

だから結果としてアセトアルデヒトが早く処理され翌日二日酔いになりにくい、というメカニズムです。

酒飲みの間ではハイチオールCが二日酔いに効くって話はなかなか有名で、仲間内でも「飲む前に2錠飲んだ後に2錠飲んだたらまったく二日酔いにならない!!」なんて人もいますよ。

管理人の私は結構二日酔いが強くでてしまうタイプなので上記の量ではちょっと足りません。
だから海外個人輸入でNACのサプリメントを購入しています。

NACってのはNアセチルシステインの略。

システインをより安定化したのがNアセチルシステインで、Lシステインよりも効果効能が高い!!と言われているのでNACを愛用しています。
ハイチオールCの場合は1日の摂取量6錠でLシステインが240mgなのですが、私が個人輸入しているナウ社のNACは1カプセルに600mgも含有されています。

だからコスパ的にもめっちゃお得なんですよね☆

飲む前にウコン飲んで、飲んだ後にハイチオールCやNACとスポーツドリンクを摂取すれば、翌日の二日酔いのリスクは相当抑えられるかと

ドラッグストアで簡単に入手出来ますし、値段もそれほど高くないので酒飲みには必須の薬(サプリ)ですね!
(ハイチオールC愛用者のレビューとかを見てみると
ヨーグルトやビタミンC、ビタミンBと一緒に摂取すると効果を実感出来ているようですよ~。参考までに)

 
  • にっくき二日酔いを一刻も早く解消するための対処法や予防法を徹底解説しています☆

このページの先頭へ