蒸留酒は二日酔いになりにくい?

焼酎やウイスキー等の蒸留酒を飲めば二日酔いになりにくい

上記のような意見を耳にしたことがある人は結構いることでしょう。
お酒にはビールやワイン等の醸造酒とウイスキーやブランデー等の蒸留酒とがありますが、果たして蒸留酒が二日酔いになりにくいという説は本当なのでしょうか

これは結論から言うと「YES」のようですね。

蒸留酒に比べて醸造酒は二日酔いの原因となる成分(アミノ酸類、糖類、アセトアルデヒド等)が多く含まれているからです。
蒸留酒は醸造酒をさらに蒸留して作られたお酒なので、醸造酒よりも不純物が少ないというワケですね。

昨今はハイボールブームが巻き起こっていますが、二日酔いになりにくいからハイボールを飲むという人も管理人の周りでは多い印象です☆

確かに日本酒やワイン等を飲んだ時よりかは後に残りにくい実感はあるかと思います。
ですが体質によって得意なお酒と苦手なお酒がありますので、誰にとっても当てはまるということではないかと。

やはり悪酔いや二日酔いを防ぐにはアルコールの量を飲み過ぎないようにする!!ということに尽きると思います。

また醸造酒や蒸留酒にかかわらず「安いお酒」ってのはどうも悪酔いしやすい傾向にあるようですね。
前述したように二日酔いの原因となる不純物が多いからでしょう。

健康にもかかわってくることですので、やはりある程度の年齢になったらそこそこ高い酒をゆっくり飲む、というお酒の嗜み方を覚えたいものです♪

 
  • にっくき二日酔いを一刻も早く解消するための対処法や予防法を徹底解説しています☆

このページの先頭へ